【2020年版】学割を利用してUQモバイルをお得に契約しよう!

UQモバイルを契約するなら学割申込期間中の今がお得!!

UQ mobileの学割は家族も割引の対象になる

今年は例年より早くUQモバイルは学生向けの割引、いわゆる学割の提供を開始しました。

なお学生だけではなく家族も割引が適用されますので、学生のお子様がいらっしゃるご家庭にとって一番お得にUQモバイルを契約できる期間です!

家族でUQモバイルへ乗り換えを検討されている方は学割の詳細や注意事項を説明しますので参考にしてください。

UQモバイルの学割の詳細を説明!

学割における学生の定義とは

お申し込み時点の契約者または利用者の年齢が5歳以上18歳以下を学生として定義しているとのことです。

学割と名前がついていますが、年少者向けの割引とも言えますね。

なお去年は新中高生に対してのみ優遇がありましたが今年は対象年齢全て一律の割引となっています。

学割対象プラン

学生と家族で対象プランが異なりますので注意してください。

学生
(5歳以上18歳以下)
スマホプランS/M/L
家族スマホプランM/L

学割の割引金額と期間

割引金額スマホプランS:500円
スマホプランM:1,000円
スマホプランL:1,000円
それぞれ毎月の月額基本料金から値引きされます。
割引期間課金開始月または機種変更月の翌月から13ヶ月間、つまり実質12ヶ月間の割引

割引後の毎月の携帯代

UQ学割を適用した場合の携帯代を説明

UQ学割の注意するポイント

お得なUQ学割ですが注意しておかなければいけないことがいくつかあります。
場合によっては損をすることにもなりますので必ず以下の点は注意するようにしてください。

UQ学割の注意するポイント
  • 学生の回線を契約してから初めて家族割を組む必要がある。
  • 学割適用中のプラン変更は要注意。

それではそれぞれの注意について説明していきます。

学生の回線を契約してから初めて家族割を組む必要がある

UQモバイルの学割が適用される条件を整理する

①のケースは12月に学生の回線を先に契約し、同月内に家族割を申し込んでいます。
このケースは家族割の適用条件を満たしていますので何も問題ありません。

②のケースは学生の回線を契約した翌月に家族割を申し込んでいます。
このケースも家族割の適用条件を満たしていますので何も問題ありません。

③のケースは既存回線で家族割を組んだ後に学生の回線を追加しています。
これは学割の適用条件を満たしていませんので申し込みができません。

④は学割の申し込み期限が過ぎてから家族割を組んでいますのでこちらも適用外となります。

学生の回線は期間中にUQモバイルを契約すれば学割が適用されるが、家族の回線にも学割を適用したい場合は学生回線を契約してから初めて家族割を組まないと適用されない、と覚えてください。

なお家族割の詳細を確認したい方は以下の記事を参考にしてください。

学割適用中のプラン変更は要注意

家族回線はスマホプランM/Lが対象でありスマホプランSは対象外となっています。

そのためデータ容量をあまり使わないからMからSに変更しようという場合、スマホプランSに変えてしまうと学割が適用されなくなります。
なお間違ったことに気づいてMに戻したとしても、学割の再度の適用はされませんので損をしてしまうことになります。

データ容量が余っていたとしても、「スマホプランM+学割」の組み合わせは「スマホプランS」単体の金額と同じですので学割が外れるまではそのままにした方が良いこともあります。

学割が残っている中でスマホプランSにプラン変更する場合は損をしないように注意してください。

学割を利用したら2年間で総額いくらになる?

UQモバイルで学割を適用したら携帯代は安くなるのか、節約できるのかが気になるかと思いますので説明していきます。

ここでは以下の前提を置いて解説します。

試算の前提条件
  • 家族は3人とする。内1人が学生である。
  • 父親を主回線、母と子を副回線とする。
  • 全員プランMで契約する。
  • 全員を学割適用対象とする。
  • 2年間プラン変更せずに経過したとする。
  • オプションは一切付けない

家族それぞれの月々の支払額と2年総額を以下にまとめます。

回線とプラン1年目_月額2年目_月額2年の総額
主回線(父)
スマホプランM
1,980円2,980円59,520円
副回線(母)
スマホプランM
1,480円2,480円47,520円
副回線(子)
スマホプランM
1,480円2,480円47,520円

家族合計した月額と2年総額は以下の通りです。

1年目_月額2年目_月額2年の総額
家族合計4,940円7,940円154,560円

月額料金、家族3人分でもこの金額に抑えられるようになります。
大手携帯会社を契約していた場合の1人分の携帯代より安いのではないでしょうか。

次に学生はプランSでも対象となるためその場合についても試算してみます。

①家族3人で

試算の前提条件
  • 家族は3人とする。内1人が学生である。
  • 父親を主回線、母と子を副回線とする。
  • 子供のみプランS、父と母はプランMで契約する。
  • 全員を学割適用対象とする。
  • 2年間プラン変更せずに経過したとする。
  • オプションは一切付けない

家族それぞれの月々の支払額と2年総額を以下にまとめます。

回線とプラン1年目_月額2年目_月額2年の総額
主回線(父)
スマホプランM
1,980円2,980円59,520円
副回線(母)
スマホプランM
1,480円2,480円47,520円
副回線(子)
スマホプランS
980円1,480円29,520円

家族合計した月額と2年総額は以下の通りです。

1年目_月額2年目_月額2年の総額
家族合計4,440円6,940円136,560円

最も効率の良い学割の利用方法とは

学生以外の家族回線を学割が外れた時にプランSに変更するのが一番お得にUQモバイルを利用できる方法です。

早速前提条件の整理と試算をしてみます。

試算の前提条件
  • 家族は3人とする。内1人が学生である。
  • 父親を主回線、母と子を副回線とする。
  • 子供のみプランS、父と母はプランMで契約する。
  • 全員を学割適用対象とする。
  • 2年目に父と母はプランMからプランSに変更する。
  • オプションは一切付けない

家族それぞれの月々の支払額と2年総額を以下にまとめます。

回線とプラン1年目_月額2年目_月額2年の総額
主回線(父)
スマホプランM→S
1,980円1,980円59,520円
副回線(母)
スマホプランM→S
1,480円1,480円47,520円
副回線(子)
スマホプランS
980円1,480円29,520円

家族合計した月額と2年総額は以下の通りです。

1年目_月額2年目_月額2年の総額
家族合計4,440円4,940円112,560円

なんと家族3人で月々の携帯代が5,000円を切ることになります。

節約としてはかなり有効だと思いますので学割を適用した場合は2年目でプラン変更を検討することを忘れないようにしてください。

結論:家族まとめてUQモバイルへ乗り換えると節約できる!

学割が提供されている期間は来年2020年5月31日までの半年間となっています。
この期間外に契約した場合はもちろん学割が適用されず、次の学割が提供されるまで待つことになってしまいます。

またUQモバイルの学割は毎年内容が変わります。
今年の内容が来年も提供されるとは限りません。いえ、きっと変わります。

過去2年と比較しても今回が一番お得な割引となっていますのでぜひこの機会を逃さないようUQモバイルへ家族で乗り換えることを検討してみてください。

UQmobile公式ページをチェック!
本記事を読んでみて
 UQモバイルをぜひ契約したい!
 UQモバイルに興味出てきた!
と思って下さった方は以下のボタンから公式ページにアクセスしてみましょう。
なお学割受付期間中の今は、学生だけでなく家族もお得になります!
この機会を逃さないようにしてください!