UQモバイルの節約モードはSNSやLINEが使い放題!

SNSやLINEを普段何気なく使っているかと思いますが、データのサイズを気にしたことはありますか?
実はSNSやLINEを使うだけでも馬鹿にならないくらい大きなデータ量を消費していることがあります。

最近はインスタ映えなどを狙って写真をキレイに撮りたい!という人が増えてますね。
実はキレイな写真は容量がとても大きく、MBという単位になることがあります。

写真を送りあったりインスタなどのサイトをみているといつの間にか毎月の上限に達していた、なんて方も多いのではないでしょうか?

データ容量を使い切ってしまわないためにもカウントフリーである節約モード(低速モード)を上手に使う必要があります。

またiPhone11からはトリプルカメラになるなど、どんどん高画質化が進んで画像の容量が増えています。
SNSはあまり使わないけど高性能なカメラ機能が欲しいという方についても本記事を参考にしてください。

節約モード(低速モード)とは?

UQモバイルの節約モードとは何か

データ通信の速度は落ちるけどデータ容量は消費しません、カウントフリーにしますというサービスです。

UQモバイルの利用を始めると通常は高速モードが適用されており快適な速度でスマホを楽しんでいるかと思います。

なお以下のように高速モードの通信速度は大手携帯会社と変わらない速度です。

UQモバイルは大手と同等に速度が速い

節約モードにすると通信速度が送受信最大300Kbpsに制限されます。
高速モードが上記図で平均12Mbpsですので1/40という速度ですね。

数字だけみるとかなりの制約と取られてしまいますが低速モードでも出来ることは沢山あります。
まずは節約モードのメリットから説明していきます。

節約モードの最大のメリットは何?

ずばり毎月の携帯代を抑えることです!

データ上限に達してデータ容量を買い足した経験がありませんか?
もしくは料金プランをアップグレードしたことありませんか?

これらは全て予定外の無駄な携帯代を支払っていることになります。

せっかく格安SIMにしたのに大手キャリアと変わらない料金を払っているなんてなったら目も当てられません・・・

そうならないためにも節約モードを上手く活用して使用するデータ容量を抑えることを検討してみましょう。

節約モードで出来ること出来ないこと

前提としてスマホを使った全ての通信においてデータ量が消費されません!

ただしやりたいことによっては支障もあるので以下に例と操作感について説明していきます。

Webサイトの閲覧や検索

GoogleChromeやsafariなどのウェブブラウザを使ってヤフーニュースや調べ物をする行為ですね。

文字が多いサイトについてはストレスなく表示されますが、画像が多いと表示までに時間がかかることがあります。

つまりニュース記事を見たり言葉の意味を調べるだけであれば問題はないでしょう。

ただし画像検索や画像の多いWebサイト、例えばお店の検索などには正直不向きかと思います。

LINE/FaceBook/Twitter

スタンプなどは問題なくスムーズに表示されますので普段の使い方は全く問題ありません。

ただしWebサイトと同様に、テキストはすぐに表示されますが画像は遅延する場合があります。

スマホのカメラで高画質の写真を撮って送る場合も注意が必要ですね。
インスタ映えする写真を友達に送りたい(自慢したい)!という時は「高速モード」にすることをオススメします。

メールの送受信

文字だけのテキストメールであれば全く問題なく使用できます。

厄介なのはHTMLメールや添付ファイルの送信ですね。

HTMLメールは画像を多様されていることが多いので、表示に少し時間がかかるかもしれません。

添付ファイルは低速モードを使用している場合は1MBを超えないようにした方がいいかなと思います。

地図アプリ

Googleマップなどで行き先を調べたい時ありますよね。

低速モードの場合表示されるまでに10秒以上時間を要します。

急いでいる時は低速モードではなく高速モードを使った方が良いですね。

時間に余裕がある場合は低速モードでも耐えられるかと思います。

テザリング

節約モードでテザリングはやらない方が良いです。

できないとは言いません。ただテザリングをされる方の大半がビジネスマンだと思われます。
仕事上、入力ミスなどはしたくありませんよね?

UQモバイルでテザリングをする際は高速モードにしてから繋ぐようにしましょう。

Youtubeなど動画視聴

低画質なら見られますが高画質は途切れるのでストレスになります。

普段何気なく使っていると高画質になっているはずです。
以下のように画質を変更する機能がありますので144pにしてから視聴すると良いでしょう。

低速モード時は低画質にしましょう

筆者自身は動画をみるというよりは音楽を聴く際に低画質にして音だけ楽しんでいます。
そのような使い方をオススメします。

節約モードの切替方法

UQモバイルの通信を「節約モード(低速モード)」と「高速モード」に切り替える方法は主に以下2通りです。

データチャージサイトから変更する

UQモバイルではデータ容量が足りなくなった場合に買い足すことの出来るデータチャージというサービスが提供されています。

以下サイトにアクセスするとログイン認証を求められますのでmyUQmobileと同様にIDとパスワードでログインします。

データチャージサイトへログインする

ログイン後に以下画面が表示され、画面右上にターボ機能のON/OFFを切り替えるボタンがあるのでそれをクリックorタップするだけで完了です。
モードを元に戻したい時も同様の操作です。

データチャージサイトでターボ機能のオンオフが可能

アプリから変更する

AppleStoreまたはGooglePlayで「UQ mobile ポータルアプリ」と検索するとUQモバイルが提供しているアプリをインストールすることができます。

インストールをし初期設定が完了すると以下の画面が表示され、ボタンをタップすることでターボ機能の切り替えが可能です。

アプリからターボ機能の切り替えが可能

節約モードの賢い使い方

普段の生活では節約モード(低速モード)にしておいて急いでいる時や画像を扱いたい時だけ高速モードにするというのが一番賢い機能の使い方ですね。

冒頭でも触れましたが節約モードを使いこなしたいという方は「携帯代を抑えたい」という節約志向のある方が大半のはずです。

多少表示が遅くてもお金はかけたくないという方はぜひ実践してみてください。

ただ通信が速いことに慣れてしまっている方にとってはストレスになります。

この場合は無理して節約モードを使わず、プランを変更して容量の上限を上げるかデータチャージして高速モードを思う存分使う方が良いと思います。

UQモバイルのプラン毎のデータ容量

節約モードについて説明してきましたが、そもそもプラン毎に設定されているデータ容量の上限はどの程度なのか以下に提示します。

料金プランの特徴

スマホプランいわゆる通話プランです。電話番号を取得した上で通話を行いたい方はスマホプランで契約するようにしてください。
S/M/Lの3つからデータ容量を選択することが可能となっています。
またオプションでかけ放題、もしくは定額無料といった無料通話を付けることが可能です。
データ高速プランいわゆるデータプランです。電話番号を持たないため通話はできません。※LINEなどのアプリ通話は可能です。
データ容量は3GB固定となっています。
データ無制限プランこちらもデータプランとなります。こちらも電話番号を持たないため通話はできません。※LINEなどのアプリ通話は可能です。
データ高速プランとは違い、データ容量は無制限となっています。
ただ注意が必要なのは、通信速度が送受信が最大500kbpsに制限されています。※高画質な動画視聴は厳しいかもしれません。

料金プラン毎の携帯代とデータ容量

プラン名データ容量月額1年の総額
スマホプランS3GB1,980円23,760円
スマホプランM9GB2,980円35,760円
スマホプランL14GB3,980円47,760円
データ高速プラン3GB980円11,760円
データ無制限プラン無制限
(最大500kbps)
1,980円23,760円

データ無制限プランについて

データ無制限と聞くとどうしても飛びつきたくなりますね・・・

ただUQモバイルが提供しているデータ無制限プランは電話番号を持つことができません。

副回線としてデータ通信やテザリングをするだけの回線が欲しいという方にはオススメしていますが主回線として使いたい場合にはオススメしません。

電話番号がないということは何かを契約したい場合に書類上必須とされている項目を埋めることができなく、申し込みを断られるケースが出てきます。

身元保証のために1つは電話番号を持っておいた方が良いため、主回線としてデータ無制限プランを検討しないようにしてください。

データ容量が余った場合は翌月に繰り越せる

UQモバイルは当月余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用が可能

UQモバイルは当月に余ったデータ容量を翌月に繰越すことが可能ですので無理して使い切る必要はありません!

頑張って節約した分、来月は思いっきりスマホを楽しめると思うようにしてください。

繰り越しについては以下の記事でも詳細を説明していますので参考にしてください。

データ容量繰越し

UQモバイルを契約する際にデータ容量をどう選ぶべきか聞かれることがあります。普段の使用量をみて少し余裕を持ったプランをオススメしていますが、余ったら勿体無くない?とも言われますね・・・UQモバイルは当月余ったデータ容量を翌月に繰り越[…]

IMG

結論:節約モードを上手く使って携帯代も節約!

UQモバイルに限らずどの通信会社でもプラン毎にデータ容量の上限が設定されていることがほとんどです。

設定されている上限を超えた場合、通信が低速になってしまいWebサイトを見る際に表示されるまでに時間を要したり、動画がいつまで経っても再生されないなど利便性が著しく低下します。

パケット量が計算対象外となる使い放題をうまく活用することでデータ容量の消費を抑えることが出来るというメリットがあります。

UQモバイルにすることでせっかく低額にした携帯代がパケット量の超過で上がらないよう、上手に節約モードを利用するようにしてみてください。

UQmobile公式ページをチェック!
本記事を読んでみて
 UQモバイルをぜひ契約したい!
 UQモバイルに興味出てきた!
と思って下さった方は以下のボタンから公式ページにアクセスしてみましょう。
なお学割受付期間中の今は、学生だけでなく家族もお得になります!
この機会を逃さないようにしてください!